2019年02月24日

ノスリ

調査地へ向かう道中で、道路際に何か落ちているのが目に入った!車を戻して確認するとどうやらノスリのようだ。かなりボロボロだが、逆に肉はほとんど食べられて乾燥している。匂いもほとんどしない。これならいいかととりあえず車に積み込んだ。

nosuri.jpg
写真はその日の調査地で撮影したノスリ。

帰ってから見てみると、両翼と尾羽は大丈夫そうで、翼は標本として保存するか風切を抜いてしまうか少し迷う。とりあえず尾羽だけ抜いて洗浄。ノスリは年齢差や個体差もあるので資料として載せておこうと思う。

nosuriT.jpg

posted by かんたろう at 11:42| Comment(0) | 羽根(タカ目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

オーストラリア ダーウィン2

ダーウィンの夕暮れ時。街が夜の賑わいで盛り上がり始めるころ、外では別の賑わいが始まっていた!数本の木に次から次へと集結するインコたち。

roost.jpg
ダーウィンの街の中にあるねぐらの大木

集まっていたのはゴシキセイガイインコ!と思っていたら、後で分かったことだが種が違うらしい。以前メルボルンからシドニーに移動しているときにたくさん見たゴシキセイガイインコとはずいぶん色が違うよなぁと思ってはいたが、最近??別種になったみたいだ。名前はアカエリゼイガイインコ(アカエリセイガイインコ?) Red-collared Lorikeet。その数は数千は固く、万を超えているのではと思うような数。日本のワカケホンセイインコのねぐら入りの声もすごいと思っていたが、これを聴いた後ではたいした後ではないように思えてくる。正に騒音!

lorikeet1.jpg

lorikeet2.jpg

日中はこの周辺にはいなかったのだが、どうやら好きなユーカリの花を求めて遠出していたようだ。後日かなり離れた場所でユーカリの花目当てに集まっているのを見つけた!

しかし別種と分かっていればもっと血眼になって羽根を探したのにと思うが、この時は同行者と一緒に懐かしいなぁという感じで拾っていた(苦笑)。

Lorikeet feather1.jpg

とてもきれいな羽根だ。以前拾ったゴシキセイガイインコと見た目はほとんど同じだが、次列風切はゴシキセイガイインコみたいにオレンジ色にはならないようだ。

体羽はとてもきれいだ。真ん中にある小さな羽根は頭部の羽根だがとても美しい!!

Lorikeet feather2.jpg

もっと拾っておけばよかった(涙)

posted by かんたろう at 19:41| Comment(0) | 羽根(インコ目) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

オーストラリア ダーウィン

久々のブログ。たくさん羽根もたまってきたので、少しずつ紹介していきたい。
とりあえず記憶の新しいところで、仕事でオーストラリアのダーウィンに行ったときのこと。

オーストラリアだからということもあるが、この辺りは鳥が本当に多い。ミツスイやインコ、オウム類など、頭で整理できなくなるほどたくさん飛び回っている。

そんな中でよく目につく鳥の一つがパプアソデグロバト Torresian Imperial-Pigeon。

papua.jpg

現地を案内してくれたU先生によれば、以前はそれほどいなかったそうだが、街中あちらこちらで目に付く。とてもきれいなハトだ。羽根もそれなりに落ちていて、今回もっとも多く拾ったのがこの鳥の羽根だった。

katajiro.jpg

とはいっても実はこの中にはTerritory Wildlife Parkで拾ったものもある。ここは動物園のようなものだが、一部に鳥を集めた大きなケージがあり、中を歩くことができる。その中にはたくさんの鳥が飛びまわっていた。そしてそれに誘われるように野生の鳥も集まっているのでケージの周りもまぁ賑やかなこと。その中を歩きながら当然目に付くのは鳥の羽根(喜)。ここでもソデグロバトが目立つが、きれいなものを拾いながら出口へ。そこで待っていた同行者が、私の為にと手に持っていたのは、またしてもたくさんのソデグロバトの羽根(苦笑)。皆、私の収集癖を知っているので気にして拾ってくれる(笑)。まぁ良いことだ(喜)

そして次の羽根のうちの1枚も、同行者が拾ってくれたもの。

tsutisu.jpg

これはツチスドリ Magpieーlarkの風切羽。初めて見る?羽根なのにすぐにそれとわかる。特徴的な羽根だ。そのツチスドリはこんな鳥。金属音のような声で街中でもうるさく鳴いていた。この声はさすがにきれいとは思えない甲高い声だった(苦笑)。

Magpie-Lark.jpg

お次はオーストラリアチョウショウバト Peaceful Dove。

tyosyobato.jpg

たくさんいたが、拾えたのはこの2枚だけだった。

tyosyo.jpg

今回最後に紹介するのはこれ。

tsutsu.jpg

海岸沿いの林で拾い、最初はワライカワセミか何かと思って喚起していた。しかしホテルに戻ってクリーニングしてみると、どこかで見た羽根。。。考えること数秒。。カッコウの仲間か!
まさか日本の種とは違うよなぁと思いながら、ここの鳥に詳しいU先生に聞いてみると、ツツドリがいるらしい(苦笑)。ここまで来てツツドリかと思いながらも、まぁ良い記念になった(苦笑)。それにしても鳥も多い良い場所だ!

この他の羽根は次回にまた紹介したい。
posted by かんたろう at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする